【図解】「生きる」の反対は「死ぬ」ではなく「無気力」だという話

【図解】「生きる」の反対は「死ぬ」ではなく「無気力」だという話

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

「生か死か」のように、生死は対になっているものという考え方が一般的だと思います。

ただ、私は、生物学やスピリチュアル関連など、いろんな書籍などを読む中で、「生きる」の反対は「死ぬ」ではない、と感じています。

これについて、私の考えをシェアしますね。

【図解】「生きる」の反対は「死ぬ」ではない

私は、生死を、以下のようなイメージで捉えています。

「生死」のイメージ図(輪廻転生、生まれ変わり)

この図でいうと、「死」というのは、この世とあの世の境目の点でしかない、ということになります。
状態が変わる点でしかない、ということです。

死は、この世のゴールでもあり、あの世のスタートでもある、とも言えます。

ちなみに、ネイティブアメリカンのドゥワミッシュ族の格言にも、以下の様なものがあります。

死は存在しない。生きる世界が変わるだけだ。

この言葉からも、死は「変換点」だということが納得できます。

輪廻転生も、この図で説明できる

よく、生まれ変わりとか、輪廻転生とか、そういう話ってありますよね。
それも、この図を見て頂くと、よくわかると思います。

精神世界(スピリチュアル)的な話の中で、「生きている間にいろいろな経験をして、それをあの世に持ち帰る。この世は学びの場であり、輪廻転生を繰り返すことで、精神が成長していく」的な話がありますが、それとも合致する図になっています。

この世とあの世をグルグル繰り返すことで、精神が成長していく訳ですね。

「生きる」の反対は「無気力」だった

この図で言うと、私は、「生きる」の反対は「無気力」だ、と思っています。

分かりやすいように、これも図解で説明しますね。

以下の図のような、地球と月の関係を思い浮かべてみて下さい。

地球と月のイメージ

上図のように、月には、月そのものが前進しようとする力があります。
そして、地球がつきを引っ張る力(重力)もあります。
この2つの力が釣り合って、はじめて地球の周りをグルグル周れているのです。

では、もし、月の「前進する力」がなくなってしまったら、どうなるでしょうか?
前進しようとする力がなくなると、重力だけになるので、月は地球に引っ張られて、地球に落ちてしまいます。


そして、これは、人間の生死のイメージとも同じだと思うのです。

人間が前進しようとする力は、言わば「気力」です。
そして、中心で人間を引っ張っているのは何か?というと、言わば「地獄(無の世界)」だと私は思っています。

図にすると、以下のような感じです。

「生きる」の反対は「死」ではなく、「無気力」のイメージ図

上図のように、気力がなくなる(つまり、無気力)と、地獄に落ちてしまい、輪廻転生できなくなります。

これが、真の意味での死(無になってしまう)なのだと、私は考えています。

自然界に、無駄なものはない。自分の人生を全うしよう。

自然界には、無駄なものは一つもありません。
必ず、すべてのものに意味があって存在しています。

自然界は、真空を嫌います。
真空になると、そこを埋めるために、新たな空気がそこに流れ込みます。

人間も、これと同じです。
あなたがいない世界は、空気中にポッカリできた真空のような状態です。
この真空を埋めるために、つまり、世界がより良い状態になるために、世界があなたを必要としたのです。

だからこそ、あなたを含め、人間一人一人の存在には、意味があるのです。

であれば、自分の人生の意味を全うし、精神を一歩でも成長させよう。
私はそう思っています。

(余談1)「生きる」と「愛」は似ている

先ほど、「生きる」の反対は「死」ではなく「無気力」だ、というお話をしました。

これって、「愛」の反対が「憎しみ」ではなく「無関心」だ、という話と似ていますよね。
(愛も憎しみも、その人のことを強く想っているという意味では、同じエネルギーなのです)

こういった意味で、「生きる」と「愛」は似ているなぁ、と思った次第です。

(余談2)自然界は、「周っている」ものである

私は、「自然界は、グルグル周っているものだ」と思っています。

直線的な一方通行ではなく、円運動をしているのです。

例えば、月のような星も、他の星の周りを回っていますよね。
また、地球だって、太陽の周りを回っています。

また、宇宙学者の中には、「宇宙は、何度も収縮と膨張を繰り返している」と考えている人もいます。
(この考え方を、ビッグ・バウンスと言います)

このように、自然界は、グルグル回っている方が、自然な状態なのでは?と思います。

だからこそ私は、先ほど図で書いたような輪廻転生も、起こっているものだと感じています。

なぜ、死ぬのが怖いのか?

「死ぬ」って考えると、怖い感じがしますよね。
実際、私も怖いです。

では、なぜ死ぬのが怖いのか?
それは「見えないお化け」のようなものだと思うのです。

「死ぬのが怖い」のは「見えにお化け」かもしれない

子供の頃、押し入れにお化けがいるんじゃないか?と思ってビクビクしていた人もいると思います。

しかし、押し入れの中を見てみたら、お化けなんていないですよね。

これと同じで、「死」も、体験した人には話を聞けないので、「見えないお化け」とも思います。

案外、死んでみたら、そんなに怖いものではなくて、むしろハッピーな世界があるのかもしれません。

死を盛大に祝う民族もいる

以前聞いた話ですが、死を盛大に祝う民族がいるそうです。

その民族の人は、自分が死ぬ日が分かるそうで、その日になると、朝からどんちゃん騒ぎをするそうです。
(中には、その日に死ななくて、「あれ、俺、死ぬの今日じゃないみたい!あはは~」みたいなこともあるそうです。笑)

こういった人々は、本能的に、「死=転換点であり、恐れるものではない」と感じているのかもしれませんね。

(もし、この民族の名前が分かる方がいたら、教えてください)

まとめ

死は、ネガティブなイメージが強いですが、案外そうではないのかもしれません。

よくよく考えたら、永遠に生きられたら、それはそれで問題があるのかもしれません。
例えば、「いつまでにこれを成し遂げたい!」みたいな気持ちも、出てこなくなってしまうかも。

そういう意味では、死というタイムリミットがあるからこそ、人はいろいろな業績を残せるのかもしれませんね。

(とは言いつつも、私もまだまだ、死は怖いです。笑)

死が、もっとポジティブな感じで受け入れられたら、どんな世界になるのだろう?
そうなったら、精神の成長に、もっともっと集中できて、いい結果になるんじゃなかろうか。

そんなことを考えている、今日このごろです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります^^

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

ブログを移転しました

この度、ブログを移転しました。

>> 新たなブログはこちら

今後ともよろしくお願いいたします^^

この記事を書いた人

Profile image
大林 亨輔
株式会社ミリオンバリュー 代表 / 二児のパパ奮闘中

起業家であり、二児のパパ。

イクメンを目指しているが、妻には「どちらかと言うと、子供が3人いる感じ」と言われ、日々奮闘中。(´・ω・`)

ディズニー、スタバ、読書、育児ネタ、筋トレが大好きです。

詳しいプロフィールはこちら 講演依頼はこちら
(学生向け、起業家向け、恋愛・夫婦関係、子育て等)