結婚相手の選び方。「幸せにしてくれる人」を探すと失敗する理由

結婚相手の選び方。「幸せにしてくれる人」を探すと失敗する理由

こんにちは、大林プロフィールはこちらです。

「どんな人と結婚すれば、幸せになれるんだろう?」

そんな疑問を解決するヒントになればと思い、結婚相手の選び方についてまとめてみました。

「この人なら、私を幸せにしてくれる!」が危険な理由

結論から言うと、「この人なら、私を幸せにしてくれる!」という考えで結婚相手を選ぶと、失敗します。

なぜなら、こういった考え方は、受け取ることしか考えていないからです。

逆の立場になって考えてみて下さい。
あなたは、「自分を幸せにしてほしい」と思っている、受け取ることしか考えていないクレクレ星人を、好きになれますか?
きっと、好きになれないと思います。

年収や顔、職業…。条件は簡単に変わります。

結婚相手を選ぶ基準として、以下のような条件がよく挙がります。

お金(年収)、顔、体型(スタイル)、職業、会社…。結婚相手の条件は、簡単に変わる

確かに、こういった条件を無視しなさいとは言えません。
これらも、大事な要素の一つです。

しかし、条件は、簡単に変わります。

高い年収を貰っていても、明日リストラされるかもしれません。
夢を追って、「独立するから、ついてきてほしい!」と言われるかもしれません。

顔やスタイルも同じです。
年齢を重ねれば、顔やスタイルも変わっていきます。
「美人も3日見れば飽きる」とも言いますよね。

「~~だから好き」で選んではいけない

「彼は、安定した会社に勤めているから、好き」
「彼女は、料理が得意だから、好き」

このような、「~~だから好き」という選び方は、お勧めしません。

なぜなら、「~~だから好き」のような条件で選ぶと、それがなくなった時に続かないからです。

また、条件が前提になってしまうと、よりよい条件の人を探し続けて、いつまでも結婚できないことにもなりかねません。
いわゆる、「運命の人」を待ち続ける状態になります。
(結局のところ、運命の人なんて、いないのです)

これを裏付けるかのように、こんな実験結果が出ています。

カップルが別れる確率を調査した研究結果

複数のカップルを対象に、とある実験が行われました。

それは、「相手の好きなところがどこか?を聞く」という実験でした。

カップルそれぞれに「彼(彼女)の、どこが好きなのですか?」と聞いたところ、カップルは以下のように答えるわけです。

男性
彼女は、自分好みの料理を作ってくれるんだ。だから好き。
女性
彼は、私にとっても優しいの。だから好き。

ところが、なんと、「ココが好き」というように明確に言語化したカップルの方が、別れる確率が高かった!という結果になったのです。

「相手のどこが好き?」を言語化するほど、別れやすくなる

そもそも、「好き」という気持ちは、「~~だから好き」のように言語化できるような単純なものではありません。
「好き」という気持ちは、言ってみれば、かなり漠然としているのです。

そこに無理やり、「~~だから好き」という形を与えてしまう。言語化してしまう。
そうなると、実際にはそれ以外にも良い面がたくさんあるのに、そこだけにフォーカスしてしまうのです。

結果、その部分が崩れると、「~~だから好きだと思っていたのに、そうじゃなかったのかも…」というように、気持ちが離れてしまうのです。

では、どうすればいいのか?
と言いますと…

「この人を幸せにしたい!」という相手を見つけよう

そう。

「この人なら、私を幸せにしてくれる」ではなく、「この人を幸せにしたい!」という人を選ぶこと。

これが、私がお勧めする、結婚相手の選び方です。

鏡の法則というものもありますが、「与えるものは与えられる」のです。

天国と地獄は、ほんの僅かの差(三尺三寸箸のお話)

あなたは、三尺三寸箸(さんじゃく さんずん ばし)というお話を知っていますか?

このお話は、天国と地獄の差は、ほんの僅かなんだ、ということを教えてくれます。

奪い合うのが「地獄」、与え合うのが「天国」
画像引用: http://osakacocorosan.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=270315218&page=2

天国も地獄も、食事の時は、三尺三寸(約1メートル)もある箸を使って食事をしています。

そんなに長い箸だと、食べ物を自分の口に持ってくるのが難しいですよね。

地獄では、その長い箸を使って、皆が食べ物を奪い合っています。
奪い合うのですが、箸が長いので、自分もなかなか食べられません。
結局、お互いがイライラし、罵り合い、不幸な毎日を過ごしています。

一方、天国はどうでしょうか。
天国も、使っているのは同じ箸(約1メートル)です。

しかし、天国の人々は、相手が食べたいものをとって、それを相手の口に運んであげているのです。
長い箸なので、相手の口には簡単に食べ物を運べるんですね。
そうやって、お互いが相手が欲しいものをを与えあって、幸せに暮らしているのです。

どちらも、環境は全く同じです。
どちらも、三尺三寸もある長い箸を使って、食事をしています。

しかし、「奪い合う」のか「与え合う」のか?で、幸福感はまったく違ってくるのです。

結局、「いい男(女)がいない」は、自分で相手を愛さない言い訳

これは、私自身の話でもあります。

私は以前、「出会いがない、出会いがない」と嘆いていました。
「どこかに、私を愛してくれる素敵な女性がきっといる」と思っていました。

結局、受け取ることしか考えていなかったのです。

しかし、この三尺三寸箸のお話を知って、ハッとしました。

  • 自分は、自分から相手を愛そうとしていただろうか?
  • もらうことばかり考えていたんじゃないか?
  • 女性を愛して、相手に拒絶されたら怖いと思って、無意識に「出会いがない」と言い訳してたんじゃないか?

これに気付いてから出会えたのが、今の妻です。

「この人を幸せにしたい!」心からそう思える妻に出会えたことに、感謝します

自分から相手を愛する気持ちを持てば、目の前には素敵な女性がいたのです。

Googleの研究:「与えるものが幸せである」が証明された

Googleの研究者(チャディー・メン・タン)が実施した、面白い実験結果があります。

Googleが行った、幸せの研究

彼は、いろいろな人の脳波をスキャンし、「人間は、どんな時に幸せを感じるのか?」を調査しました。
その結果、世界一幸せな脳波を出していたのが、なんと「僧(お坊さん)」でした。

では、その僧は、どんな時に一番幸せな脳波が出ていたのか?
それは、「思いやりの心」だったそうです。

思いやり。
つまり、受け取ることではなく、相手を思い、与えることを考えている時の方が、人間は幸せなのです。

引用元:http://www.earthinus.com/2011/07/compassion.html

あなたも、大切な相手のことを考えながらプレゼントを選んでいると、なんだかワクワクして幸せな気持ちになりませんか?
それには、ちゃんとした科学的根拠があったのですね。

このような理由から、私は、「この人を幸せにしたい!」と思う人と結婚することをお勧めしています。

あなたにピッタリ合う、結婚相手の選び方

では、具体的に、どんな相手を結婚相手とすればよいのか?
これについてお話していきます。

好きな理由は「なんとなく好き」でいい

先ほど、「~~だから好き」と言語化してしまうと、別れる確率が高くなる、というお話をしましたが…。
結局、好きな理由は「なんとなく好き」でいいのです。

「なんとなく好き」というのは、いわば「直感」です。

直感は、科学的にはまだ解明されていません。
しかし、直感は、潜在意識(自分のこれまでの経験・蓄積)からの瞬間的な反応なので、もっとも信頼できる判断なのです。

直感(なんとなく)は、あなたのこれまでの経験すべてからの判断

「なんかわからないけど、でも好きなんだよね」くらいが、ちょうどいいように感じます。

※直感については、詳しくは以下の記事でまとめていますので、ご参照下さい。
>> なぜ、直感を信じると上手くいくのか?直感力を鍛える方法×5

「なんとなく好き」=「価値観が合う」ということ

ここでいう「なんとなく好き」とは、つまり「価値観が合う」ということでもあります。

結婚相手を選ぶ上では、「良い悪い」のような評価で選ぶのは、お勧めできません。
「合うか合わないか」の方が大切なのです。

結婚相手は、家電製品のように、スペックで選ぶものではありません。

人間は、誰しもが得意不得意を持った、デコボコした存在です。
言うなれば、パズルのようなものです。

パズルのピースに、「良い悪い」なんて無いですよね。

あなたのピース(価値観)に合う相手を探しましょう、ということです。

結婚の時に大切にしたい、5つの価値観

結婚の時に大事にしたい、5つの価値観

(1)ビジョン(将来像)

お互いが、お互いのビジョン(将来像)に共感し合えるか?
これは、とても大切です。

夫婦は、一生共に歩んでいくパートナーです。
進む方向性が一致していることは、とても大事なのです。

  • どんな家庭を一緒に築いていきたいか?
  • 将来、何をしたいか?どう在りたいか?

こういったビジョン(将来像)に共感し合えるか?を大事にしましょう。

(2)金銭感覚

多くの場合、お金は、その人の感情と深く結びついています。

例えば、「お金=苦しい思いをして仕事に耐えた対価」だと思っている人もいます。
こういう人は、あなたが募金箱に寄付をしようとすると、嫌そうな顔をします。

「寄付をする=お金が減る=苦しい思いをして稼いだのに!奪われたくない!」という感情の連鎖が起こっているのです。

金銭感覚が合わない人というのは、「お互いの、お金と結びついている感情が違う」ということでもあります。

金銭感覚のズレは、夫婦生活を破滅させることもありますので、ご注意下さい。

(3)家族関係

結婚するということは、家族になるということです。

もし相手が、家族に冷たい態度を取っていたとしたら…。
その態度は、結婚後、あなたへの態度になります。

家族というのは、精神的にも結び付きが強いものです。
先ほどのお金と一緒で、いろいろな感情が根っこにあることもあります。

相手が、家族に対してどんなスタンスで居るのか?は、とても大事なのです。

(4)会話・沈黙

ニーチェ(哲学者)の言葉に、こんなものがあります。

夫婦生活は、長い会話である。

私も、結婚して、この意味が少しずつ分かり始めた気がしています。

会話が合うこと。
沈黙すらも気にならず、心地いいこと。

これはつまり、価値観が合うからこそ、でもあるのです。

(5)衣食住

単発のデートだけでは、相手の価値観を知るのはなかなか難しいものです。

「一緒にデートする」ことと、「一緒に生活する」ことは、大きく違います。

デートは、言ってみれば数時間頑張れば良いので、お互いが良い面を見せようとします。
しかし、一緒に生活することになると、良い面ばかり見せるのは無理です。

私は、結婚前には同棲することを強くお勧めしています。

衣食住をともにすることで、デートだけでは決してわからない、相手の価値観が見えてきます。

まとめ:見返りを求めない

いかがでしたでしょうか。

  • この人を幸せにしたい! ⇒ 与えるものは与えられる
  • 良い悪いではなく、価値観が合うか合わないか

この2つが大事だ、ということですね。

ここで一つ、注意点があります。

それは、「与えたんだから、相手にも何かを返してほしい」と見返りを求めない、ということです。

私が以前読んだ「しない生き方」という本には、こんなことが書いてありました。

「Give and Take」は、広い目で見ましょう。
ビリヤードのようなもので、あなたが与えた相手ではなく、まったく別の方向から返ってくるものです。
気長に、気長に。

自然界というのは、面白いくらいにバランスを取ろうとします。
与え続けて返ってこない、ということは、絶対にないのです。

安心して、目の前の相手に、100%愛を注いで下さい。
それが、幸せな夫婦生活へとつながっていきます。

あなたが、最良のパートナーと巡り会えることを願って。

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります^^

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

ブログを移転しました

この度、ブログを移転しました。

>> 新たなブログはこちら

今後ともよろしくお願いいたします^^

この記事を書いた人

Profile image
大林 亨輔
株式会社ミリオンバリュー 代表 / 二児のパパ奮闘中

起業家であり、二児のパパ。

イクメンを目指しているが、妻には「どちらかと言うと、子供が3人いる感じ」と言われ、日々奮闘中。(´・ω・`)

ディズニー、スタバ、読書、育児ネタ、筋トレが大好きです。

詳しいプロフィールはこちら 講演依頼はこちら
(学生向け、起業家向け、恋愛・夫婦関係、子育て等)